【小説】『Milky Way』 エピローグ

milkyway-picture

失われた願いと失くした願い
 
前 → 『Milky Way』シーンF Milky Way
 
最初 → 『Milky Way』プロローグ
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
 
■ エピローグ
 
 
 一年に一度、伝説上の男女が逢瀬を許される日。
 人々は天に願いを捧げる。自分のために。あるいは誰かのために。
 
 ある一人の少女が、歌いながら、ピンク色の紙を笹に飾りつけている。
 
「さーさーのーはーさーらさらー
 おーちーばーにーゆーれーるー」
 
「だから、そこは『落ち葉』じゃなくて『軒端』。落ち葉だと、秋の歌になっちゃうでしょ」
「なんだっていいよー」
 そばにいた女性の苦笑いに、少女は口を尖らせる。
 女性は空を見上げた。
 今宵の星空は、人々の願いで輝いているように思えた。
 
「それでさ、今年は何をお願いしたの?」
「ないしょ」
「いいじゃない、教えてくれたって」
「じゃあ、ヒント。私のお願いは、一つだけだよ」
「それじゃヒントになってないよ」
「じゃあ、もう一つ」
「何?」
 
 誰かの願いは別の誰かの願いを生み、やがて出会いが生まれ、物語が生まれ、命が生まれる。
 夜空に流れる乳白色の星の光を浴びながら、少女は少し恥ずかしそうに、けれど満天の喜びを煌めかせて言った。
 
「おかあさん、産んでくれて、ありがとね」
 
  *
 
 夏の夜の風が、笹の葉を揺らす。
 星明かりに照らされたピンク色の短冊には、少女の字でこう書かれていた。
 
 
  いつまでも、おかあさんのこどもでいられますように。 せいら
 
 
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
『Milky Way』 了
 
 
ラジオドラマ版
【ラジオドラマ】『Milky Way』
 
作品解説
『Milky Way』あとがきのようなもの
 

カテゴリー:作品, 小説
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
小説ときどきイラスト、ところによりラジオドラマを作っています。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


その他リンク

■ pixiv:userID 20770515
 イラストはこちらに。小説もあります。

■ note:ju1y_white
 主にブログからの転載。日々の考えごとなど。

■ カクヨム:ju1y_white
 小説投稿用。内容は基本的にブログと同じです。

■ YouTube:脳内航海YouTube Channel
 ラジオドラマなど。もっと充実させたいですね。

■ BOOTH:脳内航海士の作品売場
 通販サイト。グッズとか売っています。


作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です