【小説】『Milky Way』シーンF Milky Way

milkyway-picture

失われた願いと失くした願い
 
前 → 『Milky Way』シーンE 出発点
 
最初 → 『Milky Way』プロローグ
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
 
■ シーンF『Milky Way』
 
 
 それから私は、まわりの反対を押し切って、子どもを産むことにした。
 
 輝彦の言っていたことは、正論だったのかもしれない。
 だけど私は、授かった新しい命を捨てたくなかった。子どもが産まれることから逃げたくなかった。
 これまでの貯金と、妊娠出産子育ての支援制度を最大限使えば、お金はなんとかなりそうだった。
 両親を説得するのは骨が折れたけれど、なんとか押し切った。
 何があっても私が責任をとるように言われた。そんなことは覚悟のうえだ。
 
 私は約束したんだ。頑張るからと。また会えるよと。
 
  *
 
 そして私は、一人の女の子を産んだ。
 7月7日、天の川が、空に綺麗に輝く夜だった。
 私はその子に、星羅(せいら)と名づけた。願いを叶えるきらきら輝く星、という意味を込めて。
 
  *
 
 あのとき、アマノガワ号の駅で会った女の子。
 私も以前はあの子のように、たくさんの願いごとがあった。でも、自分の願いは叶わなくなってしまった。
 
 あの子が願いごとを見せてくれたとき、私は内心、羨ましく思った。
 短冊がいっぱいに入ったあの子の鞄を、私は代わりに持とうとした。
 そうすることで私は、あの子の願いを、自分のことのように感じたかったのかもしれない。
 
 生きていれば当たり前に実現できるような、ありふれた願いごとばかりが短冊に書かれていたことにも、今なら納得できる。
 あの子の短冊は、〝産まれたらやりたいこと〟で埋め尽くされていたのだ。
 
 誰かの願いを肩代わりすることはできない。
 それでも私は、あの子の願いを叶えたいと思った。
 だってあの子のことを、他人とは思えなかったから。
 私にとって、あの子は大切な存在だったから。
 
 あの子は、星羅は、私の──。
 
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
次 → 『Milky Way』エピローグ
 

カテゴリー:作品, 小説
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
小説ときどきイラスト、ところによりラジオドラマを作っています。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


その他リンク

■ pixiv:userID 20770515
 イラストはこちらに。小説もあります。

■ note:ju1y_white
 主にブログからの転載。日々の考えごとなど。

■ カクヨム:ju1y_white
 小説投稿用。内容は基本的にブログと同じです。

■ YouTube:脳内航海YouTube Channel
 ラジオドラマなど。もっと充実させたいですね。

■ BOOTH:脳内航海士の作品売場
 通販サイト。グッズとか売っています。


作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です