2018/02/19

カテゴリー: 作品, 小説
タグ: , ,

Sponsered Link



【小説】『Milky Way』シーンD いちばん叶えたい願い

失われた願いと失くした願い
 
前 → 『Milky Way』シーンC いのちと聞いて思い出す話
 
最初 → 『Milky Way』プロローグ
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
 
■ シーンD『いちばん叶えたい願い』
 
 
 待合室のドアが開いた。駅長さんが入ってきた。
「あ、おにいさん! わたしの電車、来た?」
 女の子が立ち上がって訊いた。駅長さんは申し訳なさそうに笑う。
「それがね、お嬢ちゃん。残念だけど、もう来ないかもしれないんだ」
「来ない……?」
 
「どういうことですか、駅長さん」
 私も気になって尋ねた。駅長さんは言いにくそうに答える。
「ここに来るはずの電車が、事故、っていうか、人をひいちゃってね……」
「事故っていっても、それなら、少し遅れて来る、とかじゃないんですか?」
「そこが普通の電車と違うところなんだよ、お姉さん」
 
「どういうこと?」
 女の子が、よくわからないという目で私と駅長さんの顔を交互に見ている。
 私もきっと彼女と同じような表情をしているだろう。
 
「うん、お嬢ちゃんもよく聞いてほしいんだ」
 駅長さんはしゃがんで、女の子に視線の高さを合わせた。
 一つ一つ言葉を選ぶように、優しくゆっくりと話す。
 
「ここにやってくるのは、アマノガワ号。みんなのお願いを叶えてあげる電車だ。願いっていうのは、人と人とのつながりが大きく関係するものだからね。この人の願いが叶ったから、あの人の願いも叶う。もちろん、あの人の願いが叶ったから、この人の願いは二度と叶わない、ということもある」
「……その、願いが叶わない、っていうときは、電車はもう来ないんですか?」
 私はおそるおそる口を挟んだ。
 駅長さんが目線だけこちらに向けて頷く。
「そうだね。悲しいけど、今の場合は、事故で亡くなってしまったその人のせいで、お嬢ちゃんの電車は二度と来ない、ということになる」
 
「えーっと、どういうこと?」
 女の子が首を傾げると、駅長さんは、散乱している短冊に視線を落として、それから彼女の顔を見つめた。
「……言いたくないけど、お嬢ちゃんのお願いは、もう叶わなくなっちゃったみたいだ」
 
 
 ──そのとき、私の中に、一つの考えが浮かんだ。
 
 
「えっ……、うそだよね?」女の子は驚きとショックを隠せない様子で、声を上擦らせた。「だって、わたしのお願い、こんなにあるよ!? それでも、叶わないの?」
 彼女は泣き出して、ベンチに座り込んでしまった。
「ごめんね。だけど、仕方がない。たとえ事故であっても、一人の人が死んじゃうことで、どうしても叶わない願いっていうのも、出てくるものなんだ」
 駅長さんが女の子を宥めるように肩に手を置くけれど、彼女は泣きやまない。
 
 涙を流し鼻をすする彼女を見て、私は思う。
 この子の短冊を見たときから、ずっと気になっていたこと。それが、一つの答えになった気がした。
 確証はない。でも、なぜか自信があった。
 
「あの、駅長さん」私は思い切って声をかけた。「私も、願いごとを見つけました。……今からでも、間に合いますか?」
「大丈夫だけど……」駅長さんは立ち上がり、私のほうを向いた。「ああ、もしかしてお姉さん」
 私はゆっくり頷く。
 駅長さんはどこかほっとしたように見えた。
 きっとこの人は、私の願いも、女の子が誰なのかも、始めからわかっていたのだろう、と私はこのとき思った。
 私も、今ならわかる。
 
 ──自分の願いは、きっと。
 
 さっき女の子からもらった、ペンと真っ白な短冊。
 私は一つ、願いごとを書いた。
 
「お願いします」
 短冊を駅長さんに差し出した。
「うん」彼は私の言葉を見ると、口元に笑みを浮かべた。
「やっぱりそう来たね。じゃあお姉さん、あっち。4番ホーム」
「はい。ありがとうございます」
 
 
 私が待合室を出ようとすると、ベンチに座っている女の子に呼び止められた。
「……おねえさん、行っちゃうの?」
「ちょっと行ってくる」私は笑顔で、けれど彼女のほうは振り返らずに言った。「次に会うのは、私のお願いが叶ったあとかな。それまで、待っててくれる?」
 この子に言い残すことは、これくらいでいいだろう。すべてを語る必要はない、と思った。
 
「……また、会えるの?」
 本当に寂しそうに、心配そうに声をかけてくる。
 振り返りたくなったけれど、振り返ったら私まで泣いてしまう気がした。私の中に溜まっていたいろいろなものが、とめどなく溢れだしてしまう気がした。
 
「会えるよ」私は歩みを進めた。「お姉さん、頑張るから」
 ドアの前まで来て、私は立ち止まる。
「……またね」
 
 そして一度だけ、私は彼女の名前を呼んだ。
 
 ドアを開ける音にかき消されて、声は彼女に届かなかったかもしれない。
 だけど、それでいい。きっとこの子はわかってくれる。
 あとは私が頑張ればいいだけだ。だから、ここはせめて笑顔で。
 
 ──この子の願いを叶えるために、私はここから歩き出す。
 
  *
 
 待合室に、少女と駅長の二人が残された。
「お姉さん、行っちゃったね」
 駅長はガラス越しに待合室の外を見つめながら言った。
 
 少女はベンチに座ったまま、駅長の姿を見上げた。
「おにいさん、わたしの電車は……」
「うーん、そうだなぁ」駅長は、足元に散らばっている色とりどりの短冊を拾いながら言った。
 
「キミがその鞄の中のお願いを全部叶えたいのなら、電車は来ない。でもね」
「でも?」
「お嬢ちゃんが、その中でも一番叶えたいお願いは、何かな?」
 駅長が屈んで、短冊の束を少女に差し出す。
 彼女はおずおずと手を伸ばしてそれを受け取った。
 
「いちばんかなえたい、おねがい……」
 短冊に視線を落とす少女の顔を覗き込むようにして、駅長が言葉をかける。
「そのお願いを叶えてくれる電車なら、もうじき来る」
「ほんとに?」
「本当さ」駅長は少女の頭を撫で、立ち上がった。「そうそう、お願いが叶ったら、あのお姉さんにお礼を言うこと」
 待合室のドアの前まで歩くと、駅長は振り返って少女にウィンクをした。
 
「約束できるかな、せいらちゃん?」
 
 少女は一瞬きょとんとした顔をしたが、すぐ何かを理解したように、きらきらと笑顔を輝かせた。
「うん!」
 
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
次 → 『Milky Way』シーンE 出発点
 

カテゴリー: 作品, 小説
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、〝小説家兼絵描き兼ラジドラ脚本家兼音声編集者のニート〟の
脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


『脳内航海』は、脳内航海士の創作&ブログサイトです。
小説、イラスト、ラジオドラマなど、あまり形式にとらわれずに作っていきたいと思っています。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

【お知らせ】

作品の通販を始めました。

購入はこちらからどうぞ
BOOTH『脳内航海士の作品売場』

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


死にたいとは思わなかったけれど、かといって生きることに執着することもできず、
自分に対する慰めと世界に対する答え合わせとしてこのような場を作りました。
ここで綴る言葉の中に、あなたに少しでも響くものがあれば幸いです。


初めての方は、まずこちらをお読みください。
『【はじめに】航海日誌の航海図』


自分なりの創作のヒントやメイキング、作品の解説なども載せていければと考えています。
『作品について ~創作の羅針盤~』


ざっくりとした自己紹介や、『脳内航海』の由来など
『自己紹介 ~脳内航海士って何者?~』

ニートになるまでの詳しい話
『出航前夜 その1 ~僕がニートになるまでの話~』

当サイト立ち上げの経緯や野望など
『出航前夜 その2 ~ニートが月収200万円を夢見た話~』

ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


2018年3月3日、サイトおよびブログを移転しました。
お手数ですが、新URLをブックマークしていただきますようお願いします。

Web『脳内航海』
 旧URL:http://braincruise.web.fc2.com/top.html
 新URL:https://braincruise.net/

ブログ『脳内航海士の航海日誌』
 旧URL:http://cruisediary.blog.fc2.com/
 新URL:https://braincruise.net/blog


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です