【小説】『Milky Way』シーンC いのちと聞いて思い出す話

milkyway-picture

失われた願いと失くした願い
 
前 → 『Milky Way』シーンB たなばたさま
 
最初 → 『Milky Way』プロローグ
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
 
■ シーンC『いのちと聞いて思い出す話』
 
 
 輝彦とは高校時代からつき合い始めて、もうすぐ7年になる。
 20歳を過ぎた頃からだっただろうか。私たちはお互いに、将来のことについて語り合う機会が増えた。
 中でも家庭や子どもの話に花を咲かせることが多かった。輝彦は家庭的なことが得意なタイプで、子育てにも関心があるようだった。
 
 何人子どもを産んで、どういう家に住んで、子どもにどういうものを買い与えて、休みの日には家族でどこに行って、習い事は何をさせて……、という話を、彼は目を輝かせながら口にした。
 私も、どんな子に育てたい、自分はどういう親になりたい、などということを考え、彼に話すようになった。
 
 若者の青い理想ではあったのかもしれないけれど、それでも彼の語る未来は、聞くたびに胸が躍った。
 まだ籍は入れていないけれど、私は輝彦と一緒に歩んでいきたいと思っていた。
 彼の話す願いを、私も叶えてみたかった。
 
  *
 
 一週間ほど前のある日。
 普段は初詣にすら行きたいとは思わない私だけど、この日は神社に行ってお祈りをして、お守りを買ったりなどもした。
 妊娠していたことがわかったのだ。
 嬉しかった。やっと私たちの願いが叶えられると思った。
 輝彦に電話をかけた。迷いはなかった。彼も喜んでくれると思っていた。
 
「は? 妊娠?」
 嬉々として妊娠の報告をする私に返ってきたのは、驚嘆と侮蔑が混ざったような輝彦の声だった。
「そう。私と輝彦の子どもだよ!」
「おい待てよお前。俺は責任なんてとれないぞ」
 怒鳴ってこそいないけれど、声にはたしかに怒りが込められていた。
 
「ちょっと、なんで怒ってるの? 子どもが産まれたら何がしたいとか、こんな家庭を作っていきたいとか、今までたくさん話してきたじゃん!」
「あれはもしもの話だろ!? 本気にしてたのかよ!」
 何を言われているのか、わからなかった。輝彦がどうしてこんな口調になっているのか、理解できなかった。悔しさとショックで、頭が真っ白になっていた。
 
「もっとよく考えてくれよ」
「今の俺一人の稼ぎじゃ子どもは養えない」
「俺たちには子どもなんてまだ早い」
「俺は子どもの面倒なんて見ないからな」
「第一、俺たちまだ結婚もしてないだろ?」
 輝彦が電話の向こうで冷たく言い放つのを、私は呆然と聞き流していた。
「とにかく、俺は知らない。その赤ん坊はおろしてくれ」
 その言葉が聞こえたのが最後だった。
 
 電話が切れてから私がどうしたかは、よく思い出せない。
 
 輝彦とはそれ以来、連絡がつかなくなってしまった。
 もちろん、直接会うこともない。
 あれだけ二人で将来の展望を語っておきながら、いざ実際に子どもができたら、あっさり私を切り捨てたのだ。
 
 両親にも一応話をした。
 案の定ではあったけれど、いい反応はしてくれなかった。
 父からは何やってるんだと非難され、母からは子育てをなめるなと叱責された。
 それだけならまだよかったものの、輝彦は何て言ってるんだと訊かれたら、返す言葉がない。
 
 彼氏には逃げられ、家族からは軽蔑される。
 ……それでも、私は。
 
 
 その日、私は一人で泣いた。
 赤ちゃんが産まれたら、したいことがたくさんあった。ほしいものもたくさんあった。
 私と輝彦と、産まれてくる赤ちゃん。みんなでこれから、幸せな家庭を築いていきたかった。
 それなのに、私の願いは全部なくなってしまう……。
 
 まだ大きくなってはいないけれど、たしかに新しい命が宿っている自分のお腹を撫でながら、語りかけた。
「ねえ、私のお腹の中の赤ちゃん、聞こえてる? せっかくもらった自分の命が、勝手に殺されちゃうのって、どんな気持ち? もし何かお願いできることがあれば、あなたは何を願うのかな?」
 
  *
 
 願いを失くした私と、生まれることを願われない私の子ども。
 お腹の中の赤ちゃんだけを殺すなんて、私にはできなかった。
 
 お腹の中のこの子と一緒に、私も死のう。
 そう決めて、私は線路に身を投げ出すことにしたのだ。
 
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
次 → 『Milky Way』シーンD いちばん叶えたい願い
 

カテゴリー:作品, 小説
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
小説ときどきイラスト、ところによりラジオドラマを作っています。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


その他リンク

■ pixiv:userID 20770515
 イラストはこちらに。小説もあります。

■ note:ju1y_white
 主にブログからの転載。日々の考えごとなど。

■ カクヨム:ju1y_white
 小説投稿用。内容は基本的にブログと同じです。

■ YouTube:脳内航海YouTube Channel
 ラジオドラマなど。もっと充実させたいですね。

■ BOOTH:脳内航海士の作品売場
 通販サイト。グッズとか売っています。


作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です