2018/02/15

カテゴリー: 作品, 小説
タグ: , ,

Sponsered Link



【小説】『Milky Way』シーンB たなばたさま

失われた願いと失くした願い
 
前 → 『Milky Way』シーンA 短冊からはじまる旅
 
最初 → 『Milky Way』プロローグ
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
 
■ シーンB『たなばたさま』
 
 
 改札口から少し離れたところに、ガラス張りの小部屋があった。
 入口の引き戸を横に動かす。見た目に反して、ずいぶん重たい音がした。
「ここでいいの?」
「うん。このお部屋なら大丈夫みたい」
 
 私とキャリーケースを引いた女の子は待合室の中に入った。左右の壁沿いにベンチが設置されている。
 私たち以外には誰もいなかった。天井には蛍光灯があり、先ほどまでいた場所よりはいくぶん明るく感じた。
 女の子が、向かって右手側の一番手前のベンチに座ったので、私もその隣に腰かけた。
 
「じゃあおねえさん、わたしのお願い、見せてあげる」
 そう言って女の子は、キャリーケースのファスナーを開けた。
 口が開くと同時に、中から色とりどりの細長い紙が湧き出てきた。
 何枚かは外にこぼれてしまっている。おもちゃ箱から溢れるおもちゃのようにも見えた。
 
「すごい。ほんとに、全部短冊?」
「うん」女の子は短冊を何枚か手に取った。「これは『おえかきがしたい』、こっちは『はみがきがしたい』」
「そっか。お願いごと、叶うといいね」
「えへへ。おねえさん、ありがとう」
 
 彼女は楽しそうに笑いながら、ほかにも短冊を見せてくれた。
『あるいてみたい』『おしゃべりがしたい』『ほんがよみたい』『あそんでみたい』『はしってみたい』『おようふくがほしい』『おほしさまがみたい』……
 子どもの字で、たくさんの願いごとが書かれていた。字を覚えて間もない年頃だろうに、よくこんなに書けたものだなぁ、と感心してしまう。
 
 
 キャリーケースいっぱいの願いごとを抱えている女の子。何も持っていない私とは違う。
 だけど彼女の願いごとには、妙な違和感を覚える。
 
 どれもわざわざ短冊に書くほどのことではないように思う。
 この子の鞄は、こんなお願いでいっぱいになっているの……?
 
 私はこぼれた短冊を拾って眺めてみたけれど、やはりどの短冊にも、些末な、ごく当たり前のことしか書かれていない。
 このくらいの年齢の子どもが書きそうな、大きくなったら何になりたいとか、具体的なおもちゃや何かがほしいとか、そういったものはどこにもなかった。
 
「おねえさん、ほんとにお願いごとないの?」
「えっ?」
 短冊を手にぼうっとしている私を、女の子がまじまじと見つめていた。
 
「おねえさん、これあげる!」
 彼女が差し出してきたのは、真っ白な短冊とペンだった。
「おねえさんも、これにお願いごと書いてよ。わたしも書くからさ」
「まだ書くの?」
「うん。これからやりたいこと、ほしいもの、いっぱいあるもん!」
 そう言うと彼女は、私の手に短冊とペンを握らせた。
 そして自分もペンを持ち、新しく願いごとを書き始めた。
 白紙の短冊もどうやらまだたくさんあるらしい。
 
 私は俯いて、もらった短冊を見つめた。
 白い短冊に私の影が落ちる。
 
 私はここに何を書けばいいのだろう。
 私が今更、何を願えばいいのだろう。
 
 叶わないことだってあるというのに。
 
 
 私が考え込んでいると、女の子が歌を歌う声が聞こえた。
 
「さーさーのーはーさーらさらー
 おーちーばーにーゆーれーるー」
 
 思わず、吹き出してしまった。
「どうしたの、おねえさん?」
 彼女はきょとんとして、こちらを見つめた。
 
「ごめんごめん、ちょっとお歌間違えてたから」
「え? 違った?」
「えっとね」私は体を彼女のほうに向け、目線を合わせた。「『落ち葉に揺れる』じゃなくて、『軒端(のきば)に揺れる』。落ち葉だと、秋の歌になっちゃうでしょ。七夕ってさ、夏じゃん」
「そっか。えーっと、のきば? のきばって、なに?」
「ちょっと難しい言葉だけどね。軒っていうのは、おうちの、屋根の下の部分。軒端っていうのは、その端っこ。ここはね、屋根の先っぽから、笹の葉が、風に揺れてるのが見えるよーっていう意味」
 
 伝わらないだろうな、この子には難しい話かな、と思いながらも、この子と話すことを楽しんでいる自分がいることに、私は気がついた。
 子どもに何かを教える。子どもの面倒を見る。子どもを見守る。
 そういったことを、かつて私は望んでいたんだな、と思い出した。
 思い出してしまった。
 
 ……少し、悲しくなった。
 
 
「さーさーのーはーさーらさらー
 おーちーばーにーゆーれーるー
 おーほしさーまーきーらきらー
 きーんーぎーんーすーなーこー」
 女の子はまた歌いながら、残っている短冊に願いごとを書いていた。
「……そうだ、これも書こ」
 そう口にした彼女は、ほんの少しだけ、寂しそうな顔をしたように見えた。
 
 ちらりと彼女の手元を見ると、そこにあったのは、淡いピンク色の短冊に書かれた、「いのち」の3文字だった。
 
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
次 → 『Milky Way』シーンC いのちと聞いて思い出す話
 

カテゴリー: 作品, 小説
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、〝小説家兼絵描き兼ラジドラ脚本家兼音声編集者のニート〟の
脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


『脳内航海』は、脳内航海士の創作&ブログサイトです。
小説、イラスト、ラジオドラマなど、あまり形式にとらわれずに作っていきたいと思っています。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

【お知らせ】

作品の通販を始めました。

購入はこちらからどうぞ
BOOTH『脳内航海士の作品売場』

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


死にたいとは思わなかったけれど、かといって生きることに執着することもできず、
自分に対する慰めと世界に対する答え合わせとしてこのような場を作りました。
ここで綴る言葉の中に、あなたに少しでも響くものがあれば幸いです。


初めての方は、まずこちらをお読みください。
『【はじめに】航海日誌の航海図』


自分なりの創作のヒントやメイキング、作品の解説なども載せていければと考えています。
『作品について ~創作の羅針盤~』


ざっくりとした自己紹介や、『脳内航海』の由来など
『自己紹介 ~脳内航海士って何者?~』

ニートになるまでの詳しい話
『出航前夜 その1 ~僕がニートになるまでの話~』

当サイト立ち上げの経緯や野望など
『出航前夜 その2 ~ニートが月収200万円を夢見た話~』

ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


2018年3月3日、サイトおよびブログを移転しました。
お手数ですが、新URLをブックマークしていただきますようお願いします。

Web『脳内航海』
 旧URL:http://braincruise.web.fc2.com/top.html
 新URL:https://braincruise.net/

ブログ『脳内航海士の航海日誌』
 旧URL:http://cruisediary.blog.fc2.com/
 新URL:https://braincruise.net/blog


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です