【小説】『天国への船』シーンB

tenfune-picture

──それは、天国への航海の旅。

 
前 → 『天国への船』シーンA
 
最初 → 『天国への船』シーンA
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
 
■ シーンB
 
 
 静かな海に、櫂が水を掻く音が響く。
 長さ五メートルほどしかない小さな船の、一方の端にヒロキが座り、もう一方の端に船長が立っている。
 船長の櫂で船は進んでいく。
 
「私について訊きたいことがあれば、なんでも訊いて結構ですよ。この船に関することでも」
 船長がヒロキに言った。
「じゃあ……」ヒロキは少し考えて、疑問を投げかけた。「死んだ人は、この船に乗ることになるんですか?」
「はい」船長が船を漕ぎながら答える。
 
「亡くなった方を天国の港までお連れするのが、私の役目です。『航海』というのはまあ、気分ですよ、気分。……特に、あなたのような人を乗せるときは、ですね」
「俺のような人?」
「おっと失礼。質問の答えから少し逸れてしまいました」
 
 船長は薄く笑った表情を崩さないまま、悪びれる様子もなく言葉を続けた。
「この船には、あなたのように自殺した方だけではなく、病気で亡くなった方、事故で亡くなった方なども来ます。そして私は、この船に乗る人のことは、たいてい知っています」
「ああ、それでさっき、俺の名前を……」
 
 船長は頷き、さらに続ける。
「あとはたとえば、あなたは就職活動がうまくいっていなかった、とか、ハルカさんという恋人がいた、とかですかね」
「そんなことまで?」
 
 驚くヒロキの反応を楽しむように、船長は言葉を並べていく。
「ハルカさんとは高校時代からの付き合いで、あなたとは別の大学に通っていましたが、キャンパスが近いこともあって、進学してからもよく会っていた。さらに……」
 船長が櫂を漕ぐ手を止め、言葉を切った。
「?」
 ヒロキが疑問に思った次の瞬間、船長が櫂で水面を叩いた。
 
 水しぶきが上がる。水滴が飛んでくるのを、ヒロキは手で防いだ。
 同時に、叩かれた水面がゆらゆらと不自然に波紋を描いているのに気がついた。
 
「こちらの水面に映っているのは、あなたで間違いないですね?」
「……え?」ヒロキは水面を覗き込んだ。
 灰色の海のしぶきを上げた部分だけが、ぼんやりと色を変えていた。
「ほんとだ、俺だ」
 
 さらに水面を見ていると、だんだんとはっきりした映像が浮かび上がってきた。
「あと、……ハルカ?」
 
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
次 → 『天国への船』シーンC
 

カテゴリー:作品, 小説
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
小説ときどきイラスト、ところによりラジオドラマを作っています。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


その他リンク

■ pixiv:userID 20770515
 イラストはこちらに。小説もあります。

■ note:ju1y_white
 主にブログからの転載。日々の考えごとなど。

■ カクヨム:ju1y_white
 小説投稿用。内容は基本的にブログと同じです。

■ YouTube:脳内航海YouTube Channel
 ラジオドラマなど。もっと充実させたいですね。

■ BOOTH:脳内航海士の作品売場
 通販サイト。グッズとか売っています。


作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です