【小説】『白と黒の雪どけに』Film.2 第22章

Film.2 ~ブループリント~

 
──雪どけの花が開く頃、僕の目に映る音は何色だろうか?
 
前 → 『白と黒の雪どけに』 Film.2 ~ブループリント~ 第21章
 
最初 → 『白と黒の雪どけに』 Film.0 ~プロローグ~
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
◆ 第22章

 ステージが明るくなった。
 顔を上げると、ステージ上手寄り、やや後方ではあるが僕のちょうど正面くらいの位置に、絵梨奈の姿が見えた。
 だが忘れてはならない。僕たちの曲を聴くのは、絵梨奈だけではないのだ。
 全国の大きなステージで、もう一度、この五人で演奏を。
 そのために、僕たちにできる最高のものをここに残そう。
 paletteの色は、聴く人に受け入れられるだろうか。その答え合わせをしようじゃないか。

 ──引き金はとても小さなものだった。

 一曲目、一番のサビの部分で、僕は些細なミスタッチを犯した。
 とはいえ、ボーカルとギターが前面に出ている部分だ。おそらく僕の音はかき消されて、ミスには誰も気づいていないだろう。
 それ以外は無事にやり切った。
 けれど、なんだろう。この言いようのない違和感は。
 ミスはすぐ持ち直した。それ以外は練習どおりに弾くことができた。
 演奏中に見えた色も、今までと同じか、それ以上のものだったはずだ。
 なのに、どうしてこんなに手が震えているんだ? どうしてこんなに呼吸が乱れているんだ?

 曲の間にあいちゃんがMCを挟むが、聞いている余裕がなかった。
 あたりがしんとなって、我に返る。
 あいちゃんがこちらをちらりと振り返った。二曲目の前振りを言い終えたらしい。
 今の空白は何秒あった? 不自然に間が空いたりしていなかったか? まさかこれでタイムオーバーにはならないよな?
 雑念を頭から追い払って、僕は鍵盤に指を置いた。
 ついに、僕が作った曲を披露するときが来たのだ。
 曲の頭は僕のソロだ。僕が弾き始めなければ、曲が始まらない。

 ──呼吸が荒れる。眩暈がする。

 イントロは乗り切った。Aメロに入る。
 しかし、どこかおかしい。
 いつも通りに弾いているはずなのに、見える色がいつもと違う。
 あいちゃんの声が、どことなく淀んで見えた。キスケのギターが、翠ちゃんのベースが、トイチのドラムが、いつもより掠れている気がした。
 聞こえてくる音に問題はないはずなのに、色の乱れはどんどん激しくなっていく。
 なんだこれは。そう思っている間にも、一つ、また一つと色が消え、調和のとれていた色彩が四散していく。
 二番が終わって、間奏に入る。
 まずはギターソロ、それからキーボードソロへ続く。間奏から大サビの部分こそが、僕の一番の見せ場だった。
 いよいよだぞ、クライマックスだ、と言い聞かせる。
 視界が明滅する。心拍数が嫌な上がり方をしている。
 脚に力が入らなくなる。全身が痺れる。息が苦しい。
 これはまずい、と直感した、次の瞬間だった。

 異様な轟音が鳴り響いた。

 僕は膝から崩れ落ちていた。
 倒れた拍子に、僕の手が乱雑に鍵盤を押したようだった。

 ──鮮やかな景色が、真っ黒に塗りつぶされた。

  *

 僕はステージの上で過呼吸になったらしい。
 その後、僕は大会スタッフの判断で救急車で病院に運ばれることになった。救急車にはあいちゃんが同乗した。
 キスケと翠ちゃんは楽器を片づけて、トイチはスタッフと話をしていたそうだ。彼らもすぐライブハウスを飛び出して、病院まで駆けつけてくれた。
 病院のベッドに寝かされるまで、僕は歩くことも、口をきくこともままならなかった。
 とはいえ目が覚めてからは特に問題はなく、その日のうちに帰れることになった。
 病室には母親がいた。そういえば救急隊員らしき人に親の連絡先を訊かれ、僕はかろうじて動かせた手で携帯電話を操作したんだっけか。
 僕を気遣ってのことなのか、母は説教らしいことは言わず、友達が待ってるよ、と言って自分は会計などを済ませていた。

 日曜だからか、それなりに広い病院のわりに人は少なかった。
 あいちゃんたちの姿はすぐに見つかった。待合室の壁際の長椅子に、四人並んで座っていた。
 僕が病室から出てくるのをずっと待ってくれていたようだ。右端に座るトイチが、僕の荷物をまとめて預かってくれていた。
「湊、大丈夫!?」
 僕を見るなり、あいちゃんが泣きそうな顔で駆け寄ってきた。
 彼女を少しでも安心させるため、僕は笑ってみせた。
 僕はすでに不自由なく歩けるくらいには回復していたが、あいちゃんが椅子のところまで僕に付き添ってくれた。
「ちょっとしたオーバーワークでしょう、だって。心配かけてごめん」
「……だいぶ顔色よくなったね」顔を綻ばせるあいちゃん。「救急車にいる間、顔は真っ青で唇なんてほぼ紫色だったんだから」
 過度の緊張と疲労だろう、と医師は話していた。倒れてから何時間くらい経ったのか定かではないが、ベッドで寝ていたらだいぶよくなった。
 とはいったものの、まだ懸念事項はある。
 トイチ、キスケ、翠ちゃんと並んでいた左隣に、あいちゃんが座る。
 その左側、僕は一人分のスペースを空けて腰かけた。
 近づくことが、なんとなく気まずかった。

「……それで、大会は?」
 僕はおずおずと、誰にともなく尋ねた。
 四人は気まずそうな反応を示す。沈黙を破ったのはトイチだった。
「棄権した」
「えっ……?」
 僕はほかの三人の反応を窺った。嘘ではなさそうだ。トイチは続けた。
「とても演奏を続行できるような状態じゃなかったし、湊を楽屋で寝かせて救急車を待つ間に、四人で話し合って決めたことだ。湊抜きで決めちまったのは謝る」
「いや、それはいいんだけど、じゃあ……」
 僕の言いたいことを察したように、キスケがゆっくり頷いた。
「全国には進めません」
 僕は呆然としてしまった。
「みんな……」僕は立ち上がって頭を下げた。「本当にごめん! 僕のせいで、最後の大会が……」
「いいんですよ。湊さんが無事で何よりです」キスケがなだめる。
「そうよ。湊くんが気に病むことはないわ。頭なんて下げないで」
 翠ちゃんに言われ、僕は顔を上げた。
「でも、ほんとに棄権してよかったの? みんなにとって、ミューブレってそんな簡単に諦められるものだったの? 僕のせいで大会が──」
「大会なんかより、湊のほうが大事に決まってるでしょ!」
 あいちゃんが激昂した。立った姿勢で正面から僕を睨む。
「あいちゃんも落ち着いてくれ」トイチも立ち上がった。そして今度は僕に言う。「だがな、あいちゃんの言うとおりだぞ湊。お前のせいで大会が、なんて誰も思っちゃいない」
 そう言ってトイチは、僕とあいちゃんに座るよう促す。
「いいか湊、これは湊だけの問題じゃねぇ」僕の左隣に移動し、腰を下ろすトイチ。「リーダーのくせに、俺がメンバーに気を配れなかったってのもある。もとより曲を作らせたことが、少なからず湊にとって負担になってたと思う。ただでさえ三年生に進級して、勉強も忙しくなったんだからな。本当に、湊はよくやってくれたよ」
「別に、そんな……」
「私も、思うところはたくさんあるわ」翠ちゃんも俯きがちに口を開いた。「何かできたことはあったんじゃないかとか、本番中、どうにかして演奏を立て直すこともできたんじゃないかとか。……これは誰か一人の責任じゃない。私たちが、バンドとして招いてしまった結末なの」
 あいちゃんは目を伏せて、膝の上で握り拳を作っていた。
「私だって、緊張してないわけじゃなかったし……、本番直前にあんなことがあって、動揺もしてた」
「あんなこと?」
 キスケが尋ねた。これには僕が答える。
「CDを聴かせたい人がいるって、前に言ったでしょ? その人が今日、見に来てくれてたんだ。……で、本番前にあいちゃんに言われて思ったんだけど、僕はその人のことを意識しすぎてたんじゃないか、って……。聴いてる人はほかにもたくさんいるのにさ」
 するとキスケは、苦しげに顔をゆがめた。
「それ言ったら俺だって、この前友人が亡くなったってのに、ギターなんて弾いててよかったのか、って思います。湊さん言ってくれたじゃないですか。俺が笑ってステージに立つことをアイツも望んでるはずだ、って」
「そ、そっか……。そうだよね……」
 たしかに、それもそうだ。
 亡くなった友人を思うなら全力でステージに上がることが一番だと、彼は悲しい顔でギターを弾くキスケの姿なんて見たくないはずだと、たしかに僕は言った。
 絵梨奈を意識しないで演奏することは、その考えと矛盾するのではないだろうか。
 僕が何も言えずにいると、あいちゃんが陽気な口調で話題を切り替えにきた。
「……だからさ、さっきみんなとも話してたんだけど、もう今日のことはいいから、次のこと考えよう、ね?」
「次?」
「文化祭だよ! 今日のリベンジは、そこで果たせばいい」
 軽音部にはインターハイのような大会はないので、うちの三年生は例年、九月の文化祭ライブを最後に引退することになっていた。そこで有終の美を飾ろうというわけだ。
「そういうこった」トイチが僕の肩を叩き、ニッと笑った。「俺たちはまだ、完全に終わったわけじゃない。本番前に言っただろ。笑って終わらせるんだ、って。だから湊、いつまでも暗い顔しないでくれよ」

 そうこうしているうちに、母がこちらにやってくるのが見えた。
 用事をすべて済ませたらしい。そろそろ帰る時間だ。
「受験が終わったら卒ライもあるんだ。三月だから、まだ先だけどな」
 トイチはそう言って立ち上がった。それから自分のカバンを持つと、預かっていた僕の荷物を僕によこしてきた。
 翠ちゃんとキスケも自分の楽器を持ち、帰る準備を整える。
「今日はゆっくり休んでね、湊くん」穏やかに微笑む翠ちゃん。
「また学校で、元気に会いましょう」親指を突き立てるキスケ。
「そうだね。ありがとう、みんな」
 僕も立ち上がり、シンセを背負う。あいちゃんも僕たちに続いて荷物をまとめた。
 僕たちは五人揃って病院をあとにした。

  *

 それから僕は、母の車で帰宅した。
 搬送先の病院が駅の近くだったこともあり、トイチ、キスケ、翠ちゃんの三人は、駅まで歩いて電車で帰ると言っていた。
 近所に住むあいちゃんは、僕と一緒に母の車に乗っていくことになった。
 まだ疲労が残っていたのか、それとも緊張の糸が解けたのか、母の車に乗った直後、僕は全身の力が抜けたような感覚に襲われた。数十分前まで寝ていたのに、こらえきれないほど眠くなった。
 まどろみの中、あいちゃんが僕の手を握ってきたのがわかった。
 そして僕の耳元でそっと囁いた。
「湊、お疲れ様」
 その先のことは覚えていない。すぐ眠りに落ちてしまったようだった。
 目が覚めたときには車は僕の家に到着していて、あいちゃんはすでに降りたあとだった。

 帰宅した頃にはすっかり夜になっていた。大会はとっくに終わったことだろう。
 paletteは棄権という形で、最後の大会を終えた。悔しくないと言ったら嘘になるが、それでも結果は受け止めることができた。
 彼らとバンドができてよかったと、改めて思った。
 そして、二カ月後の文化祭では最後までやりきろうと決意した。

  *

 このときの僕は、まだ気がついていなかったのだが。
 目が覚めて以降、僕の中で大きな変化が起きていた。
 
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
次 → 『白と黒の雪どけに』Film.2 ~ブループリント~ 第23章①
 
 

カテゴリー:作品, 小説
タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
小説ときどきイラスト、ところによりラジオドラマを作っています。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


その他リンク

■ pixiv:userID 20770515
 イラストはこちらに。小説もあります。

■ note:ju1y_white
 主にブログからの転載。日々の考えごとなど。

■ カクヨム:ju1y_white
 小説投稿用。内容は基本的にブログと同じです。

■ YouTube:脳内航海YouTube Channel
 ラジオドラマなど。もっと充実させたいですね。

■ BOOTH:脳内航海士の作品売場
 通販サイト。グッズとか売っています。


作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です