2020/01/01

カテゴリー: 作品, 小説
タグ: , ,

Sponsered Link



【小説(サンプル)】『ぺるそな@ハイドアンドシーク』プロローグ かくれんぼ@もういいかい

 
BOOTHなどで販売している小説作品『ぺるそな@ハイドアンドシーク』のサンプルです。
 
ぺるそな@ハイドアンドシーク
 
 
◆ プロローグ かくれんぼ@もういいかい
 
 
 いつもの夢だった。

 幼い頃の記憶。
 何年前だったかは定かじゃないけど、まだかくれんぼという遊びを必死になって楽しめていた頃だ。

「もういいかい」
「もういいよ」
 遠くで、誰かのはしゃぐ声が聞こえる。

 家から少し離れたところにある公園だった。空には太陽が高く上っていた。
 鬼は誰で、一緒に遊んでいたのは誰で、どういう経緯でかくれんぼをすることになったんだっけ。
 いつも考えてはみるけど、思い出せない。これが実際にあったことなのか、それとも単なる空想の出来事をただ夢として見ているだけなのか、それさえ曖昧だ。
 まあ、そんなのはどうでもいい。
 かくれんぼなら、鬼に見つからなければいいだけだ。

「みいつけた」
 また遠くで声が聞こえた。
 まだ私が見つかる気配はない。

 昔から、かくれんぼには自信があった。
 隠れることも、隠すことも得意だった。
 声を出さないように。音を立てないように。絶対に見つからないように。改めて細心の注意を払う。
 どれくらい時間が経っただろう。日が傾きかけていた。
 いつの間にか、一緒に遊んでいた友達の声はおろか、足跡すらも聞こえなくなっていた。

 かくれんぼは、鬼から見つからないように身を隠すゲームだ。逃げ続けて、隠れ続けられる人が強い。
 このままずっと隠れていれば私の勝ち。下手に物音を立てなければ誰にも見つからない。そう思っていた。
 けど、ふと疑問が浮かんだ。
「勝ち」って何? 鬼は全員見つければ「勝ち」なのかもしれないけど、隠れるほうには「勝ち」ってあるの?
 そうして隠れ続けた結果、私は一人、公園に取り残されていた。

 そう、私は気づいちゃったんだ。
 誰にも見つからなかったら、ひとりぼっちになっちゃうことに。

 ──私の夢は、いつもここで終わる。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

次 → 『ぺるそな@ハイドアンドシーク』第1章 朝夕@スイッチング ①

製品版は こちら
 
 
イラスト・登場人物紹介など

【イラスト】『ぺるそな@ハイドアンドシーク』


 
 

カテゴリー: 作品, 小説
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
小説ときどきイラスト、ところによりラジオドラマなどを作っています。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


『脳内航海』は、脳内航海士の創作&ブログサイトです。


作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


死にたいとは思わなかったけれど、かといって生きることに執着することもできず、
自分に対する慰めと世界に対する答え合わせとしてこのような場を作りました。
ここで綴る言葉の中に、あなたに少しでも響くものがあれば幸いです。


初めての方は、まずこちらをお読みください。
『【はじめに】航海日誌の航海図』


自分なりの創作のヒントやメイキング、作品の解説なども載せていければと考えています。
『作品について ~創作の羅針盤~』


ざっくりとした自己紹介や、『脳内航海』の由来など
『自己紹介 ~脳内航海士って何者?~』

ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です