【小説】『明日はきっと晴れますように』第7章 外待ち雨

asuhare-picture

どうかあなたが、少しでも優しい夜明けを迎えられますように。
 
前 → 『明日はきっと晴れますように』第6章 こぼれ雨
 
最初 → 『明日はきっと晴れますように』プロローグ
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
 
◆ 第7章 外待ち雨
 
 
[1月16日 月曜日]
 
  ○
 
 西暦は2017年になっていた。
 二日間かけて行われたセンター試験が終わった。試験があった土日は雨が降る中試験会場に向かったのだけど、翌日は晴れていた。
 この日は、学校でセンター試験の自己採点をすることになっていた。
 発表された解答速報をもとに、各自で答案を採点。各教科の点数と全教科の合計点数、それから志望校を用紙に記入して、担任の先生に提出する。ここで提出した用紙をもとに後日先生と面談をして、最終的に受験する大学を決めることになる。
 
 自己採点は午前中で終わった。センター試験は受験のスタートライン、なんて言うけど、二日間の長丁場が終わったら気を抜きたくもなる。
 
 私は『あまやどり』へ行ってみることにした。12月のあの日以来だった。
 ドアを開ける。ギイ、という、扉が軋む音。いつものように、マスターが「いらっしゃいませ」と声をかけてくる。やはり私とマスター以外には誰もいない。今日は少し長居しようかな、と思った。
 私は入口からいちばん近い席に座り、隣の席に鞄を置いた。ホットコーヒーを頼み、なんとはなしに〝交換日記〟を手に取る。
 一ページ目から順に眺めていると、「お待たせしました」と、マスターがコーヒーを運んできた。私がお礼を言うと、マスターはカウンターへ戻っていった。コーヒーは、熱くてあまり味を感じない。
 ページをめくって、あの子は元気にしているかな、などと考えていた。
 
 10月7日に私が書いたページをめくったとき、コーヒーカップを持つ手が止まった。
 
 
  10/8 (土)
  そうですか。わかりました。
  受験、がんばってください。
  わたしも、来週学校に行ってみることにします。
 
 
 思わず目を見開いた。続きを読んだ。
 
 
  10/11 (火)
  軽い気持ちで行ってみようと思ったわたしが馬鹿でした。
  始めのうちはみんな笑って話しかけてきたのですが、
  すぐにわたしを遠ざけるようになりました。
  女子からは遠巻きに汚い言葉をかけられ、
  男子からはゴミを投げられました。
  そんな中で、何事もないかのように授業は進んでいくんです。
  学校を休んでいたこと、友達づきあいができないこと、
  先生には怒られました。
 
  どうして、同じ年に同じ地域で生まれたからという理由だけで
  一つの狭い空間に閉じ込められなければいけないんでしょう?
  久しぶりに行った学校は、やっぱり息苦しかったです。
  わたしが変わらなきゃいけないの?
  あなたたちは変わらなくていいの?
  わたしは何も言えませんでした。
  まあ、言ったところで誰も聞いてくれなかったと思います。
 
  結局、わたしは給食を食べずに早退しました。
  帰るときも、靴がゴミ箱に捨てられていました。
  やっぱり学校は怖いです。
  この世界のことは、好きになれそうにないです。
  そんな自分も嫌いです。
 
 
  10/12 (水)
  こんなわたしが、生きていてもいいのかな。
  誰にも迷惑をかけずに、痛い思いをせずに死ねるなら、
  今すぐにでもそうしたい。
  死んだら優しくしてもらえるのかな。
 
 
 それから先は、ひとり言のような言葉が続いた。
 それらは等身大の叫びだった。彼女は生きていることが苦しそうだった。日に日に増幅していく孤独が、葛藤が、苦痛が綴られていた。自分を責めて、傷つけ、否定して、生きることを投げ出そうとしていた。
 それでもほんのわずかな希望を糧に、生きようとしているように思えた。
 
 嫌な予感がした。読みたくない。だけど読まなければいけないと思った。
 心臓の鼓動がどんどん大きくなっていくのを感じる。
 やがて空白のページがいくつか続いたあと、私が12月14日に書いた言葉が現れた。その隣のページには、あの子の字でこう書かれていた。
 
 
  12/15 (木)
  やっぱりそうなんですね。
  夜明けなんてないんですよね。
  わたしに朝はやってきませんでした。
  空は晴れないままでした。
 
  さようなら。
 
 
〝交換日記〟の記述はここで終わっていた。
 まだ確証はないのだけど、嫌な予感が当たってしまったような気がした。脳まで脈打っていて、頭が痛い。
 悔しかった。どうして気づいてあげられなかったんだろう。自分はなんてことを書いてしまったんだろう。先月ここに来たとき〝交換日記〟の中身をよく見なかったことを、後悔した。
 あの子はきっと、いっぱいいっぱいだったのだろう。藁にも縋る思いで『あまやどり』に来ていたのかもしれない。私があの子に気を許していたように、あの子も私を頼っていたのだ。
 
 そんなことを考えていると、私が初めて『あまやどり』に来たときにマスターが言っていた言葉が、ふと脳裏に蘇ってきた。
 ──〝交換日記〟の相手に会いたいときは言ってほしい。
 そして、私自身ではその相手には会えないらしい。
 少し迷ったけど、言ってみるしかない、と思った。
「この子に会わせてください」
 マスターは少しの間無言で私を見ると、おもむろに自身の耳を指さした。
 
「ところで、いつもつけているヘッドフォン、最近はつけていないようですが、どうされましたか?」
 
 言われて、はっとなった。
 そういえば、最近はヘッドフォンをつけていない。
 ……あれ? どうして私はヘッドフォンをつけていたんだっけ?
 何かを聴いていた? 何の音を? 誰の声を?
 私は何を聴いていたんだっけ?
 
 思い出せなかった。あれだけ聴いていたのに。思い出そうとすると、思考が遮られる。
 ヘッドフォンは鞄に入れっぱなしだった。音楽プレーヤーを取り出していくら操作しても、何一つデータが見つからない。それについて考えてはいけないような、始めから何も存在していなかったかのような、そんな気さえした。
 
 ……一瞬、意識がどこかに消えた気がした。
 
  ●
 
 雨の音が聞こえて、我に返る。
 テーブルの上のコーヒーも隣の席に置いた鞄も、そのまま残っている。マスターもさっきまでと同じ場所にいる。店内を見回してみる。テーブルを見て、椅子を見て、天井を見て、床を見た。
 一見、何も変わったようには見えない。だけど、いや、違う。私は壁にかかっていたカレンダーを見た。
 ──すべてがつながった。
 
 なぜ私たちは『あまやどり』で一度も会わなかったのか。なぜあの子は存在していない橋を知っていたのか。そして、なぜ私がいつも聴いていた音楽が消えたのか。
 私の中で、散らばっていた点が一つの線で結ばれた。
 私は傘を2本借りると、鞄を店に置いて、外へ飛び出していった。マスターに尋ねるまでもない。きっとこの人は、私にチャンスをくれたのだ。
 私の推測が間違っていなければ、あの子のことは、見ればすぐにわかるはず。
 
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
次 → 『明日はきっと晴れますように』第8章 涙雨
 

カテゴリー:作品, 小説
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
小説ときどきイラスト、ところによりラジオドラマを作っています。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


その他リンク

■ pixiv:userID 20770515
 イラストはこちらに。小説もあります。

■ note:ju1y_white
 主にブログからの転載。日々の考えごとなど。

■ カクヨム:ju1y_white
 小説投稿用。内容は基本的にブログと同じです。

■ YouTube:脳内航海YouTube Channel
 ラジオドラマなど。もっと充実させたいですね。

■ BOOTH:脳内航海士の作品売場
 通販サイト。グッズとか売っています。


作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です