【小説】『明日はきっと晴れますように』第3章 雨雫

asuhare-picture

どうかあなたが、少しでも優しい夜明けを迎えられますように。
 
前 → 『明日はきっと晴れますように』第2章 雨合羽
 
最初 → 『明日はきっと晴れますように』プロローグ
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
 
◆ 第3章 雨雫
 
 
[9月8日 木曜日]
 
  ○
 
 雨雲は、昨夜のうちに過ぎ去ってしまったようだった。
 学校が終わると、私は『あまやどり』に向かった。昨日借りた傘を返すためだ。
 晴れた日に、しかも明らかに自分のものではない傘を持ち歩くと、少し周囲の声や視線が気になるのだけど、私はヘッドフォンというシェルターに閉じこもり、音量を上げて外に意識を向けないようにした。
 
 私の家の最寄り駅から高校の最寄り駅までは、電車で1時間半ほどかかる。だから私は、高校に入るまではこの街にはほとんど来たことがなかった。
 駅の周辺は都市開発が進んでいるのだけど、それでもやはりここは一地方都市にすぎない。駅から10分も歩けば、そこには色褪せた民家が並んでいたり、田んぼが広がっていたりする。現に私の高校も、緑に囲まれた小高い山の上にある。
 
 このあたりの土地は高低差が激しいらしい。駅や学校、それから『あまやどり』のあるあたりは比較的標高が高いのだけど、『あまやどり』から東方向は下り坂となっている。
 坂を下りた先、街の東には、やや大きめの川が流れている。この川は、この市と隣の市を分ける境界線の役割を担っていた。
 そういえば、と私は思い出す。
 たしかあれは、2011年の冬。大雨が降り、この川で大きな洪水が発生した。もともとニュースに関心の薄い私は、犠牲者の名前や人数などには興味がわかなかったし、覚えていない。
 だけど、亡くなった人の中に当時私と同い年だった女の子がいたことは、なんとなく記憶している。あれから、もう5年になるのか。
 
 そんなことを考えているうちに、『あまやどり』に着いた。
 店内は昨日と同じ景色だった。変わっているとしたら、壁にかかっているカレンダーの日付くらいだろう。
 マスターの「いらっしゃいませ」という声がした。ヘッドフォン越しでも鮮明に聞こえてくる声だった。
 マスターは、私が手に傘を持っているのを見つけたのか、カウンターからこちらに出てきた。
「傘、お返しします。昨日はありがとうございました」
「いえ。お役に立てて何よりです」
 マスターは傘を受け取ると、再び店の奥に消えていった。
 
 今日は傘を返すだけのつもりでいたので、もうこれで帰ろうと思ったのだけど、あの空色のノートが目に入った。〝交換日記〟と言われていたノート。本当に返事など来るのだろうか、などと思いながらも、私はテーブルに歩み寄って、ノートを開いてみた。
 昨日と同じ筆跡の持ち主によって、続きが書き込まれていた。心なしか、文字は躍っているように見えた。
 
 
  9/8 (木)
  お返事、ありがとうございます!
  わたしは13歳の中学1年生です。
  中学生ですが、学校にはほとんど行っていません。
  どこにも居場所がなくて、毎日一人で
あてもなく歩いているうちに、『あまやどり』に来ました。
  あなたのことを教えてほしいです。あなたはどんな人ですか?
  どういう日々を生きて、今この〝交換日記〟を開いていますか?
 
 
 ここまで半信半疑だったけど、〝交換日記〟というのは信じてもよさそうだ。少なくとも、向こうはこちらの返事を待っている、そんな気がした。
 
 私はボールペンを手に取り、少し考えた。さて、どうやって答えようか。
「どんな人ですか?」という問いに対しては、簡単な自己紹介で答えればいいかな。向こうが学年と年齢を書いているから、こちらもそれに倣おう。「わたし」と言っているし、相手はおそらく女の子だろう。ネットなんかでは、男が女子中学生になりすまし、とかいう話もよくあるけど、これは筆跡からして、少なくとも男であることはなさそうだ。
 
 ……そして私は、どういう日々を生きてきただろう。
 一言で言えば、日陰、だと思う。
 中学時代は学校を休みがちだったこともあった。これといったアドバイスは私にはできないけど、一言触れておきたい気持ちがあった。もし私が日向に生きていたら、『あまやどり』に来ることは決してなかったんじゃないか。そんな気がする。「居場所がない」という記述は気になったのだけど、触れないでおくことにした。
 
 
  私は18歳の高校3年生です。
  学校、行っていないんですね。
  私も、特に中学の頃は、あまり学校に行きたくなかったです。
  私は日陰に生きてきました。
 
 
 この状況を、意外と楽しんでいる自分がいた。正直なところ、最初に「交換日記」と聞いたときには少し笑いそうになった。だけど今私がしていることは、一冊のノートに二人でメッセージを書いてのやりとり。形のうえでは、まさに交換日記だった。まさか高校3年生になってこんなことをするなんて。もっとも、相手については顔も名前もわからないのだけど。
 
 せっかくだから、私からも質問を投げかけてみようか。そう思って、私はヘッドフォンに手を触れた。ヘッドフォンの向こう側では、あの人がギターを掻き鳴らして歌っている。
 
 
  音楽は聴きますか?
 
 
 そして次の行に、私はそのアーティストの名前を書いた。
 
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
次 → 『明日はきっと晴れますように』第4章 雨籠り
 

カテゴリー:作品, 小説
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
小説ときどきイラスト、ところによりラジオドラマを作っています。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


その他リンク

■ pixiv:userID 20770515
 イラストはこちらに。小説もあります。

■ note:ju1y_white
 主にブログからの転載。日々の考えごとなど。

■ カクヨム:ju1y_white
 小説投稿用。内容は基本的にブログと同じです。

■ YouTube:脳内航海YouTube Channel
 ラジオドラマなど。もっと充実させたいですね。

■ BOOTH:脳内航海士の作品売場
 通販サイト。グッズとか売っています。


作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です