【イラスト】青とiの境界線

 
2020年8月19日〜8月31日にギャラリーIYNで開催された企画展『青と藍の境界線』に出展したイラストです。
 

 
ほかの作品では自分の小説の登場人物を描くことが多いんですが、このイラストに関しては特に誰ということはありません。
なんとなく「かっこいい感じの青年を描いてみようかな」と思って描きました。
 
 
企画展の名前が『青と藍の境界線』(読みは「あおとあおのきょうかいせん」らしいです)ということで、ここでは「藍」を掘り下げてみることにしました。
 
「藍(あい)」という音から「i(アイ)」を連想し、「i」から「虚数」を思い浮かべました。
「i」は「虚数単位」と呼ばれ、「2乗して-1になる数」と定義されるのですが、まあここでは「現実に存在しない数」くらいに考えてください。
(詳しいことはお近くの数学屋かGoogle先生に聞いてください)
 
そこで、複素数平面を表現できないかな、と考えました。
 
数学で複素数平面という概念があります。
簡単に言うと、横軸に実軸、縦軸に虚軸をとった平面で、平面上の1点が一つの複素数に対応します。
(複素数:a+biの形で表される数。実数も広義では複素数に分類される)
 
複素数平面において、実数は実軸上の点(虚部が0となる点)しかありません。
つまり、実軸上以外の点は現実には存在しない数なのです。
 
このことから、実軸を現実と非現実の「境界線」と考えてみました。
 
ここでいう「境界線」は実軸であり、絵の中の青い線にあたります。
青い線のみが現実、その手前と奥は非現実の世界、というイメージです。
線を赤とかにしたほうが目立つと思いましたが、『青と藍の境界線』という展示タイトルだから大事な部分は青にしたほうがいいかなぁと。
 
そして非現実の象徴として、ここではサイバーパンク的なモチーフを描いてみました。
 
虹色の帯もその演出の一環です。
まあこれに関しては、『青と藍の境界線』だからこそみんな青っぽい絵を出してくる、だったらいっそ赤を大きく入れたほうが目立つはずだ、という邪な考えもありました。
 
 
余談ですが、CHiCO with HoneyWorksの1st~3rdアルバムが『世界はiに満ちている』『私を染めるiの歌』『瞬く世界にiを揺らせ』というタイトルなのですが、『青とiの境界線』というタイトルを決めた頃はまだチコハニを知って間もない頃だったので、アルバムのタイトルまでは知りませんでした。
「i」が一致したのは偶然です。
 
 
それでは、今回はこのあたりで。
 
 

カテゴリー:イラスト, 作品
タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
小説ときどきイラスト、ところによりラジオドラマなど。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


『脳内航海』トップページ


作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


ブログ
『脳内航海士の航海日誌』


小説一覧
「小説」カテゴリーの記事一覧
 (基本オリジナル。「暗さ8割 明るさ2割」みたいな話)

イラスト一覧
「イラスト」カテゴリーの記事一覧
 (主に自作小説の装画、ときどきファンアートなど)


ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


■ Twitter:@Ju1yWhite__
 (告知とか。たぶんここが一番情報早い)

■ pixiv:id=20770515
 (イラスト置き場。小説もあるよ)

■ note:ju1y_white
 (主にブログからの転載。ログイン頻度少なめ)

■ カクヨム:ju1y_white
 (小説投稿サイト。小説を書かない限り更新がない)

■YouTube:脳内航海 YouTube Channel
 (ラジドラやメイキングなど。もっと充実させたいね)

■ BOOTH:脳内航海士の作品売場
 (グッズ置き場。絵とか本とか売っています)


作品の感想、お仕事の依頼などお待ちしております。
お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です