【イラスト】raytrektabイラコン応募作品『Light Canvas』

 
イラストコンテストというやつに応募してみました。
 
 

 
pixiv:Light Canvas – 脳内航海士
 
 
ドスパラなどを運営する株式会社サードウェーブが、液晶タブレット『raytrektab 8インチモデル』の発売を記念して、pixiv内で開催したコンテストです。
期間は2021年1月17日(日)23:59までで、現在すでに応募は締め切っています。
 
 
企画概要・応募作品一覧
(みなさんめっちゃうまいですね……)
 
raytrektab 8インチモデル 製品公式サイト
(イラストレーターの左さん、アニメーターの田中将賀さん、山下清悟さんのレビューもあります)
 
 
概要はこんな感じ↓

株式会社サードウェーブ(以下「当社」といいます)は、ピクシブ株式会社が運営する「pixiv」内で、「New レイトレックタブ リリース記念イラストコンテスト」(以下「本コンテスト」といいます)を実施いたします。

▼raytrektabとは
『Wacom feel IT technologies』対応液晶パネルと4096階調の筆圧感知ペン採用した、Windows 10 搭載タブレット型パソコンです。
手軽に持ち運べるサイズにもかかわらず、まるで紙に書いているかのような滑らかな描き心地を実現しました。単体で動作するWindows 10 パソコンでもありますので、お絵かき環境を簡単に持ち運ぶことができます。

テーマ
タブレット「raytrektab 8インチモデル」の下記①~⑤の特徴を1つ以上含んだ、個性豊かな擬人化キャラクターを自由にお描きください。

「raytrektab 8インチモデル」の特徴:

①いつでもどこでもアイデアを形にできる
②小型だけどパワフル
③快適な描き心地
④お絵描き用途を意識したこだわりのデザイン
⑤デジタルお絵かきがすぐ始められる

(New レイトレックタブ リリース記念イラストコンテスト 応募要項 より引用)
 
 
 
僕はもともとこういうコンテストの類には応募しない主義だったんですが、どうして今回応募を決めたかというと、raytrektabの体験会に立ち寄ったのがきっかけでした。
 
12月のある日、秋葉原に行く機会があったのですが(raytrektabの体験会があることはまったく知りませんでした)、UDXの手前あたりに何やらいくつかのテントやテーブル、そして数名のスタッフの方がいました。
テーブルの上には液タブが置いてあり、「なんか絵描けるっぽいなー、ちょっと寄ってみよ」という軽い気持ちで僕は一つのテーブルに向かっていきました。
 
それが、新型の液晶タブレット『raytrektab 8インチモデル』で実際に絵を描いてみよう、という体験イベントだったのです。
 
 
使ってみた感想を簡単に書いておくと、描き心地は滑らかで、僕が使った限りでは特に動作も重くなったりすることなく快適に使えました。
 
公式も大きな売りにしていますが、小さいし薄いし軽いので、持ち運びには最適でしょう。
公式サイトによると長辺210×短辺124.5mmらしいので、大きさはA5サイズ(210×148mm)とほぼ同じくらい。
鞄にもすっぽり入るし、頑張ればコートやジャケットのポケットにも入るかも。折れたりしないかと逆に心配になるレベル(大丈夫だと思いますが)。
 
ただ小さい分、普段大きな画面で描くのに慣れていると戸惑うかもしれません。それくらい小型です。
クリスタでレイヤーとかブラシとかのウィンドウをたくさん表示させているとやや画面が窮屈かなぁと。
(普段ノートパソコン1台で描いている僕でもそう感じるから、デスクトップパソコンやマルチディスプレイで絵を描いている人はraytrektab単体ではやりにくいかも、と思いました)
 
イラスト制作ソフトとしてはCLIP STUDIO PAINT(通称「クリスタ」)が入っています。
クリスタには「EX」「PRO」「DEBUT」という3つのグレードがあります。機能の多いものから順にEX、PRO、DEBUTとなっています(ちなみに僕は普段PROを使っています)
 
raytrektabに標準搭載されているのは「DEBUT」のようです。
体験会で触らせてもらったraytrektabに入っていたクリスタも「DEBUT」でした。
DEBUTでは、メッシュ変形やベクターレイヤーが使えない、漫画を描く際の定規や枠線といったツールがないなど、EXやPROに比べると少し制限があるので、「あれっ、この機能使えないの!?」ということはあるかもしれません(僕はありました)。
 
とはいえ、もちろんDEBUTでも絵を描くのに十分な機能は備わっています。
購入後に自分でEXやPROにアップグレードすることはできるみたいです(詳しく調べていないのであれですが)。
 
 
ちなみに、体験会で描いていたのがこれです。
寒空と衆人環視の中で、30分くらい? もうちょっとかかったかな。
 


いやー寒かった。
ただでさえ12月なのに、屋外だったし、この日はたしか雨も降っていました。
 
 
で、この体験会のときスタッフの方に「コンテストもあるのでよかったら参加しませんか」と言われ、せっかくなので参加してみることにしました。
 
 
まあ、結果はあまり期待しないでください。
 
 
 
メイキングみたいなやつも作りました。
 

(使用ソフト:CLIP STUDIO PAINT PRO)
 
備忘録として解説のようなものも書いています。
動画を見ればわかると思いますが、だいぶ迷走しています。
 
上の動画では、30分くらいごとにjpegで書き出したものをつなげています。地味にめんどくさかった。
(この動画を作ったあとにクリスタのタイムラプス機能ってやつを知りました。今度からはそれ使おう…)
 
 
動画内では特に触れていませんが、この作品には『Light Canvas』というタイトルをつけています。
まあ単に『raytrektabイラコン参加作品』とかでもよかったんですが、なんかつまらないと思ったので。
 
「light」は、「(重量が)軽い」「(動作が)軽快」という意味のlightと、「光」という意味のlightを掛けています。日本語タイトルとかも考えたんですが、light以上にしっくりくる単語が思い浮かばなかったですね。
「canvas」はなんかまあ、直感的に降ってきた。「light」と合わせるならこれしかないかな、と思った。
 
 
 
それでは、今回はこのあたりで。
 
 

カテゴリー:イラスト, イラストメイキング, 作品
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
小説ときどきイラスト、ところによりラジオドラマなど。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


『脳内航海』トップページ


作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


ブログ
『脳内航海士の航海日誌』


小説一覧
「小説」カテゴリーの記事一覧
 (基本オリジナル。「暗さ8割 明るさ2割」みたいな話)

イラスト一覧
「イラスト」カテゴリーの記事一覧
 (主に自作小説の装画、ときどきファンアートなど)


ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


■ Twitter:@Ju1yWhite__
 (告知とか。たぶんここが一番情報早い)

■ pixiv:id=20770515
 (イラスト置き場。小説もあるよ)

■ note:ju1y_white
 (主にブログからの転載。ログイン頻度少なめ)

■ カクヨム:ju1y_white
 (小説投稿サイト。小説を書かない限り更新がない)

■YouTube:脳内航海 YouTube Channel
 (ラジドラやメイキングなど。もっと充実させたいね)

■ BOOTH:脳内航海士の作品売場
 (グッズ置き場。絵とか本とか売っています)


作品の感想、お仕事の依頼などお待ちしております。
お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です