2018/11/17

カテゴリー: イラスト, イラストメイキング, 作品
タグ: , , ,

Sponsered Link



【イラストメイキング】『白と黒の雪どけに ~snowdrop portrait~』Film.3

 
自作の小説『白と黒の雪どけに ~snowdrop portrait~』の第三幕にあたる【Film.3 ~君ともう一度会うために~】のイメージイラストを描いてみました。
 
 
signed_snowdrop-film.3
 
 
この絵の制作過程をまとめておきます。
久しぶりに、30分ごとに保存するやつをやってみました。
 
 
■使用ソフト:CLIP STUDIO PAINT
■画像サイズ:1280×720(1600×900で描いたものを80%のサイズで出力しています)
 
 
 

Sponsered Link


 
 
 
では、ここから30分ごとの制作過程を載せていきます。
 
 
 
【30分】
 
snowdrop-film.3_01
ラフです。
右に寝ている湊、左に座っている藍花(あいちゃん)という構図にすることにしました(この構図は前々から決めていました)。
あいちゃんは顔の上半分を隠すことにします。
 
この段階から湊と藍花でそれぞれレイヤーを分けています。
 
ちなみに、この絵の湊と藍花は22~24歳くらいのイメージです。
 
 
 
【1時間】
 
snowdrop-film.3_02
冬っぽい絵にしたかったので、背景にイルミネーションが飾られた木を入れることにしました。
とはいえまだこの段階では試行錯誤している感がありますね。
 
ちなみに集中線みたいなやつは、よー清水さん著『「キャラの背景」描き方教室 CLIP STUDIO PAINTで描く! キャラの想いを物語る風景の技術』の購入特典の[U-Pers]というブラシを使って描いています(今回に関してはあまり必要なかった気がします)。
 
 
 
【1時間30分】
 
snowdrop-film.3_03
ペカペカした木がだいぶできてきました。
なおイルミネーションには、CLIP STUDIO ASSETにて無料ダウンロード可能な[ブルーイルミネーション_PG0031]というブラシを使いました。
 
木の描き方をざっくりとまとめておきます。
 
まず適当な大きさで、木のシルエットっぽいのを描きます(サイズはあとで調整します)。
[パステル]や[水彩]あたりを使って噴水みたいに枝分かれしている棒を描き、木みたいな形になるように[消しゴム]で削っていく感じです。
(まあ、あとで拡大・縮小してイルミネーション乗せてぼかすのでそんなに細かく描かなくていいんですけどね)
 
イルミネーションはレイヤーを3つに分ました。
上から、「大きめの光」「中くらいの光」「小さめの光」という順にレイヤーを並べています。
大きめの光は[粒子サイズ]を大きくしてぽつぽつと、小さめの光は[粒子密度]を高くしてシルエットをなぞるように粒を置いていくイメージです。
 
また、レイヤーごとに[色調補正]で微妙に色を変えています。
青・紫・水色みたいな色にしたらそれっぽくなりました(クリスマスの絵なんかだと赤や緑が映えそうですね)。
 
この段階では木を2本描いていますが、最終的に使ったのは左のやつだけでした(完成した絵でも木が2本ありますが、これは片方を左右反転してサイズを変えただけです)。
 
 
 
【2時間】
 
snowdrop-film.3_04
木の並べ方に迷っていますね。
あと、アイレベルの位置が微妙に変わりました。
 
 
 
【2時間30分】
 
snowdrop-film.3_05
木の並べ方はいったん考えるのをやめ、奥に建物っぽいのを描いていくことにしたようです。
 
建物も、「手前」「中」「奥」の3つにレイヤーを分けました。
この段階では不透明度を下げているのでわかりにくいですが、奥のほうほど彩度を低く、明度を高くしています。
(この方法はいろんなところで応用できます。実は先述のイルミネーションの光でもそうしていました)
 
どうせあとでぼかすので(しかも手前の人物でだいぶ隠れるので)、形はただの箱みたいな感じでいいです。
 
あ、キャンバス全体の色と湊のポーズが微妙に変わりましたね。
 
 
 
【3時間】
 
snowdrop-film.3_06
湊の輪郭を整えていきます。
背景に飽きたようです。
 
 
 
【3時間30分】
 
snowdrop-film.3_07
湊がだいぶできてきました。
 
 
 
【4時間】
 
snowdrop-film.3_08
湊がひと段落したので、藍花の輪郭を描いていきます。
顔の上半分を隠す予定でしたが、せっかくなので顔は全部描いてみることにしました。
 
なお、湊も藍花も、目と眼鏡はそれぞれ輪郭とは別のレイヤーに描いています。
(修正をしやすくするためです)
 
ちなみに横向きの場合、眼鏡は実際には上の図のようにレンズ部分はただの棒みたいに見えるんですが、それだと目が隠れて表情が出しづらいので、僕は下の図のようにレンズを四角く描いて目を見せるようにしています。
(一応、弦に近い側を気持ち大きめに描いておくと遠近法っぽくなります)
yokogaomegane_LI
 
 
 
【4時間30分】
 
snowdrop-film.3_09
あまり進んでいませんね。
髪の毛やマフラーにだいぶ苦戦していた気がします。
 
 
 
【5時間】
 
snowdrop-film.3_10
ようやく藍花の輪郭ができてきました。
 
 
ここから20分ほど経ったところで二人の輪郭が完成したので、ちょっと並べて構図を確かめてみました。
 
snowdrop-film.3_10-2
最近気づいたことなんですが、服のシワになる部分って、こういうふうに三角形を作るとそれっぽく見えますね。
(やりすぎは禁物)
snowdrop-film.3_10-2_LI
 
 
【5時間30分】
 
snowdrop-film.3_11
着色に入りました。
湊から塗っていくことにします。
 
まずはベースとなる色を[バケツ]でどばーっと。
塗り残し部分は[べた塗りペン]などで塗っていきます。
引きこもりなので肌は白め、服の色は地味めです。
 
僕の場合、下になっているもの(肌とか中に着ている服とか)から塗っていくことが多いです。
あと、パーツごとにレイヤーを分けています(「肌」「髪」「コート」など)。
 
 
湊のみをべた塗りしたものがこちら。
塗り始めてから15分か20分くらいだったと思います。
 
snowdrop-film.3_11-2
 
 
 
【6時間】
 
snowdrop-film.3_12
藍花を塗っていきます。
ここでは塗り残しをわかりやすくするために、背景を真っ白にして輪郭線の不透明度を下げていますね。
 
 
藍花のみをべた塗りしたものがこちら。
 
snowdrop-film.3_12-2
わかりにくいですが、眼鏡のレンズ部分には[オーバーレイ]モードで水色っぽい色(不透明度32)を置いています(湊も同様)。
 
 
 
【6時間30分】
 
snowdrop-film.3_13
湊と並べてみました。
 
 
ここで再び、背景をちょっといじってみました。
 
snowdrop-film.3_13-2
何をしたかというと、
 
・バックを青に(夜空のイメージ)
・下半分を茶色に(地面のイメージ)
・木を二つに増やしてみた
・木に[ガウスぼかし]をかけた([ぼかす範囲]は20か30くらいだったっけな?)
・木に柵みたいなやつをつけた(これもあとでぼかしをかける)
・建物を縦方向に縮小した(もう少し遠い場所にある感じがいいかなと思った)
・建物に窓の光を描き足した([加算(発光)]レイヤーを乗せました)
 
といったところです。
 
 
 
【7時間】
 
snowdrop-film.3_14
光を散りばめました。
 
この絵では結局あまり関係なくなってしまいましたが、僕の場合、光源をはっきりさせておくために、人物の陰影を描く前に背景に手を加えていくことが多いです。
 
CLIP STUDIO ASSETにて無料ダウンロード可能な[パーティクル][遠景イルミネーションE]を使いました。
[パーティクル]のレイヤーは一番上に、[遠景イルミネーションE]のレイヤーは人物(一応、湊が上で藍花が下です)と奥の木の間に入れています。
さらに、空には[シンプルスターダスト](これもCLIP STUDIO ASSETで手に入ります)を少々散りばめています。
このままだと光の主張が激しすぎるので、これら三つにそれぞれ[ガウスぼかし]をかけました。([ぼかす範囲]は30とか40くらいだったかな?)
 
あと、木の並べ方がなんかおかしい気がしたので、片方の木を思いっきり拡大して湊のレイヤーの上にもってきました。
 
 
 
【7時間30分】
 
snowdrop-film.3_15
キラキラしたやつと手前の木はいったん非表示にして、湊に陰をつけていきます。
上のほう(お腹側)が明るく、下のほう(背中側)が暗くなる感じにしていきます。
 
ベースカラーを置いたレイヤー群を一つのフォルダにまとめ、そのフォルダの上に[乗算]レイヤーを新規作成。
その[乗算]レイヤーを[下のレイヤーでクリッピング]しておき、ベースカラーを塗っていくと、いい感じに陰っぽくなります。
(肌など色の白い部分は明度を下げるといいと思います)
使うブラシは主に[透明水彩]です。
 
陰になりそうな部分に色をざーっと塗っていき、それから[色混ぜ]や[指先]で形やコントラストを調整していきます。
やりすぎた部分には[透明水彩]や[柔らか]エアブラシで透明色を塗りました。
 
ちなみに、コートの毛皮の部分は、ベースカラーと輪郭線を[指先]で毛羽立たせるように伸ばしてみました。
 
このあと(保存するのを忘れてしまいましたが)、[柔らか]エアブラシなどを使ってコート部分の色ムラを少なくしていった気がします。
 
 
 
【8時間】
 
snowdrop-film.3_16
湊の陰がだいだいできたところで彼をいったん非表示にして、今度は藍花に陰をつけていきます。
やり方はさっきと同様です。
 
顔の上半分は隠れますが、せっかくなので隠れる部分にも陰をつけてみます。
 
 
ここでまた並べてみます。
 
snowdrop-film.3_16-2
うん。
 
 
 
【8時間30分】
 
snowdrop-film.3_17
今度はハイライトですね。
陰のレイヤーのさらに上にそれ用のレイヤーを新規作成、こちらも[下のレイヤーでクリッピング]をしておき、モードは[加算(発光)]にします。
 
ハイライトはすべて同じ色で塗っていくことが多いです。
ここでは H(色相)200 / S(彩度)32 / V(明度)100 という色を使いました。
 
陰と同様に、[透明水彩][色混ぜ][指先]などを使って塗っていきます。
 
 
とりあえずこんなもんでしょうか。
 
snowdrop-film.3_17-2
ハイライト用のレイヤーは、不透明度を64%に落としています。
 
 
 
【9時間】
 
snowdrop-film.3_18
同様に、今度は藍花にハイライトを入れていきます。
あ、奥の腕が描き足されていますね。
 
 
例によって、ちゃんと隠れる部分まで。
 
snowdrop-film.3_18-2
 
 
二人並べてみます。
 
snowdrop-film.3_18-3
だいぶそれっぽくなってきたんじゃないでしょうか。
 
 
 
【9時間30分】
 
snowdrop-film.3_19
さっきまで非表示にしていたやつらを再び表示させました。
仕上げに入ります。
 
 
最終的にできたのがこちら。
 
signed_snowdrop-film.3
仕上げとして行ったのはだいたい以下のとおり。
 
・藍花のマフラーの紐(よく見比べてみてください)
・地面に藍花と湊の影を入れた(暗くてほとんど目立たないですね)
・地面に「紫~透明色」のグラデーションを[乗算]で乗せた(不透明度36)
・手前の木をさらに拡大した(湊と近すぎる気がした)
・[パーティクル]の不透明度を80に下げて少し拡大してちょっと傾けた(光があんまりうるさくなくなった)
・奥の建物に[スクリーン]レイヤー(不透明度50)で紫っぽい色を乗せた(グレーっぽくなった)
・画面下半分くらいに[焼き込みリニア]レイヤー(不透明度64)で紫っぽい色を乗せた(これでかなり雰囲気出た)
・人物の輪郭線の色を変えた(詳しいやり方は下の記事参照)

【講座】慣れれば3分くらいでできる色トレス


 
 
総所要時間は、9時間30分+17分50秒(=9時間47分50秒)でした。
 
 
 

Sponsered Link


 
 
 
こちらもあわせてお楽しみください。
 
 
プロローグ【Film.0 ~プロローグ~】

【小説】『白と黒の雪どけに』 Film.0~プロローグ~


 
 
第一幕【Film.1 ~雪が溶けると~】
まだ藍花が出てきません。

【小説】『白と黒の雪どけに』Film.1~雪が溶けると~ 第1章


 
 
第二幕【Film.2 ~ポートレイト~】
主に高校時代のお話です。

【小説】『白と黒の雪どけに』Film.2 ~ポートレイト~ 第13章


 
 
第三幕【Film.3 ~君ともう一度会うために~】
この絵みたいなシーンはないです。

【小説】『白と黒の雪どけに』Film.3 ~君ともう一度会うために~ 第31章


 
 
第四幕(制作中)
忙しい人はここからでもいいよ!

 
 
 
それでは、今回はこのあたりで。
 
 

カテゴリー: イラスト, イラストメイキング, 作品
タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、〝小説家兼絵描き兼ラジドラ脚本家兼音声編集者のニート〟の
脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


『脳内航海』は、脳内航海士の創作&ブログサイトです。
小説、イラスト、ラジオドラマなど、あまり形式にとらわれずに作っていきたいと思っています。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

【お知らせ】

作品の通販を始めました。

購入はこちらからどうぞ
BOOTH『脳内航海士の作品売場』

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


死にたいとは思わなかったけれど、かといって生きることに執着することもできず、
自分に対する慰めと世界に対する答え合わせとしてこのような場を作りました。
ここで綴る言葉の中に、あなたに少しでも響くものがあれば幸いです。


初めての方は、まずこちらをお読みください。
『【はじめに】航海日誌の航海図』


自分なりの創作のヒントやメイキング、作品の解説なども載せていければと考えています。
『作品について ~創作の羅針盤~』


ざっくりとした自己紹介や、『脳内航海』の由来など
『自己紹介 ~脳内航海士って何者?~』

ニートになるまでの詳しい話
『出航前夜 その1 ~僕がニートになるまでの話~』

当サイト立ち上げの経緯や野望など
『出航前夜 その2 ~ニートが月収200万円を夢見た話~』

ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


2018年3月3日、サイトおよびブログを移転しました。
お手数ですが、新URLをブックマークしていただきますようお願いします。

Web『脳内航海』
 旧URL:http://braincruise.web.fc2.com/top.html
 新URL:https://braincruise.net/

ブログ『脳内航海士の航海日誌』
 旧URL:http://cruisediary.blog.fc2.com/
 新URL:https://braincruise.net/blog


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です