2018/05/03

カテゴリー: イラスト, イラストメイキング, 作品
タグ: , , ,

Sponsered Link



【講座】慣れれば3分くらいでできる色トレス

 
備忘録も兼ねて、おえかき講座まがいの記事を書いてみます。
 
 
colortrace_after_thumbnail
 
デジタル彩色でよく用いられる、色トレスとよばれる技法のやり方を書いていきます。
慣れれば3分くらいでできます。たぶん。
 
 
【作業工程】
 0. そもそも「色トレス」って?
 1. 準備
 2. 線画レイヤーを作成
 3. 色レイヤーを作成
 4. 色レイヤーの複製
 5. レベル補正
 6. ガウスぼかし
 7. クリッピング
 8. 微調整
 
 
 
0. そもそも「色トレス」って?
 
A:アニメーションの原画において、ハイライトや影などの境界線を絵の具を使って手描きで写し取ること。
B:線画を塗りとなじませるため、線画の色を隣接した色に近い色にする技法のこと。
 
本記事ではBの意味で用いています(本来の意味はAのほうらしいです)。
絵柄や絵の内容にもよりますが、色トレスによりイラストを柔らかい印象にすることができます。
線がまったく目立たなくなるのを避けるため、線画の色は塗り色よりもやや濃い色にすることが多いです。
 
(たぶん、ほかにも呼び方はあると思います。というか、「色トレス」が正式名称なのかどうかも知りません…)

【参考】
色トレス (いろとれす)とは【ピクシブ百科事典】 – pixiv

 
百聞は一見にしかずですね。
こんな感じです。
 
colortrace_beforeafter
 
それでは、ここから詳しいやり方を書いていきます。
 

以下の手順はあくまでCLIP STUDIOでの操作を想定して書いていますが、[レベル補正][ガウスぼかし][下のレイヤーでクリッピング]と同等の機能があればほかのソフトでもできると思います。
また、ここで述べる方法は、線画が描かれたレイヤーと色をつけたレイヤーが分かれていることが前提となります。

 
 
 

Sponsered Link


 
 
 
1. 準備
 
colortrace_01
ひととおり着色まで終わった絵を用意します。
この段階での線画の色は、黒や灰色などの一色で構いません。
 
 
2. 線画レイヤーを作成
 
colortrace_02
線画を複数のレイヤーに分けて描いた場合、それらを結合して一つにまとめます(以下「線画レイヤー」)。
 
ただし、線画の色のまま残しておきたい部分は結合しないでおきます(この絵では目の部分は結合せず、線画の色をそのまま残しています)。
 
 
3. 色レイヤーを作成
 
colortrace_03
先ほどの工程と同様に、着色に使用したレイヤー同士を結合して一つにまとめます(以下「色レイヤー1」)。
 
 
4. 色レイヤーの複製
 
colortrace_04
色レイヤー1を複製し(以下「色レイヤー2」)、色レイヤー2を線画レイヤーの上に移動します。
色レイヤー1は非表示にしておきます。
 
 
ここまでの段階で、絵とレイヤーはこんなふうになっていると思います。
 
colortrace_04-6
 
さて、ここからの処理が色トレスを行ううえで肝になります。
 
 
 

Sponsered Link


 
 
 
5. レベル補正
 
colortrace_05
色レイヤー2に[レベル補正]をかけます。
 
こんな感じになるはずです。
 
colortrace_05-2
 
[レベル補正]のツマミの位置を変えると、仕上がりも違った感じになります。
詳しくは後述します。
 
 
6. ガウスぼかし
 
colortrace_06
色レイヤー2に[ガウスぼかし]をかけます。
[ガウスぼかし]の[ぼかす範囲]は10前後にします。
 
 
7. クリッピング
 
colortrace_07
色レイヤー2のモードを[スクリーン]に設定し、[下のレイヤーでクリッピング]をします(この段階で輪郭線の色が変わると思います)。
 
[通常]モードのままでもいいですが、[スクリーン]モードのほうが薄くきれいな色になる気がします。
 
線画レイヤーにクリッピングすることで、線画が描かれている部分にしか色レイヤー2の色が出なくなります。
色レイヤー2の色が、色トレス後の線画の色になります。
 
 
8. 微調整
 
colortrace_08
非表示にしていた色レイヤー1を再び表示し、色レイヤー2と線画レイヤーの不透明度をそれぞれ調節します。
 
colortrace_08-2
不透明度は、好みにもよりますが、個人的には50~80%前後がおすすめです。
この絵では色レイヤー2が不透明度64%、線画レイヤーが不透明度80%となっています。
 
 
 
以上で色トレスは終了となります。
お疲れ様でした。
 
 
 
これを使って描いた絵がこちら↓
 
butterfly-remake_24
女の子二人の輪郭線に対して、色トレスを施しています。
 
この絵の最初から最後までのメイキングもどうぞ。
【イラストメイキング】『片翼の蝶と白昼夢』
 
 
この絵に限らず、僕はいろんな絵で色トレスを使っています。
 
 
 

Sponsered Link


 
 
 
【おまけ】
 
「5.レベル補正」の段階で、ここでは[レベル補正]は[入力]の一番左のツマミが右側3分の1に来る程度にしています。
この場合、仕上がりはこんなふうになります。
 

 
この[レベル補正]のツマミを動かしたときの、仕上がりの違いを調べてみました。
 
 
・[入力]の左側3分の1くらいの場合
 
colortrace_05‗inputchange
colortrace_after_inputchange
 
・[出力]のツマミを右へ動かした場合
 
colortrace_05_outputchange01
colortrace_after_outputchange01
 
・[出力]のツマミを左へ動かした場合
 
colortrace_05_outputchange02
colortrace_after_outputchange02
輪郭線の黒の強さや全体的な色の濃さが微妙に異なってきますね。
絵の雰囲気によって使い分けてみるのもありかな、と思います。
 
 
それでは、今回はこのあたりで。
 
 

カテゴリー: イラスト, イラストメイキング, 作品
タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、〝小説家兼絵描き兼ラジドラ脚本家兼音声編集者のニート〟の
脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


『脳内航海』は、脳内航海士の創作&ブログサイトです。
小説、イラスト、ラジオドラマなど、あまり形式にとらわれずに作っていきたいと思っています。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

【お知らせ】

作品の通販を始めました。

購入はこちらからどうぞ
BOOTH『脳内航海士の作品売場』

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


死にたいとは思わなかったけれど、かといって生きることに執着することもできず、
自分に対する慰めと世界に対する答え合わせとしてこのような場を作りました。
ここで綴る言葉の中に、あなたに少しでも響くものがあれば幸いです。


初めての方は、まずこちらをお読みください。
『【はじめに】航海日誌の航海図』


自分なりの創作のヒントやメイキング、作品の解説なども載せていければと考えています。
『作品について ~創作の羅針盤~』


ざっくりとした自己紹介や、『脳内航海』の由来など
『自己紹介 ~脳内航海士って何者?~』

ニートになるまでの詳しい話
『出航前夜 その1 ~僕がニートになるまでの話~』

当サイト立ち上げの経緯や野望など
『出航前夜 その2 ~ニートが月収200万円を夢見た話~』

ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


2018年3月3日、サイトおよびブログを移転しました。
お手数ですが、新URLをブックマークしていただきますようお願いします。

Web『脳内航海』
 旧URL:http://braincruise.web.fc2.com/top.html
 新URL:https://braincruise.net/

ブログ『脳内航海士の航海日誌』
 旧URL:http://cruisediary.blog.fc2.com/
 新URL:https://braincruise.net/blog


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です