2018/11/28

カテゴリー: ネタのタネ
タグ: ,

Sponsered Link



 
まずはこちらをご覧ください。
 
 

 
 
頭おかしい感じの人が、布団の中で何やらひたすら喚き散らしています。
 
 
これは2018年11月25日の僕の様子です。
この記事を書いている3日前ですね。
 
 
この日は何があったかというと、コミティアというイベントでした。
ブログやTwitterなどで「参加します」と告知をしていたやつです。
僕はサークル「脳内航海」として、小説(短編集1冊と長編1冊)を頒布する予定でした。
 
 
実を言うと僕は前日の深夜からうなされ気味で、当日の朝にはこんな感じになっていました。
(いや、朝はまだまともだったかもしれない。夜になるにつれ酷くなっていった気がする)
 
 
結局、コミティアにはサークル主である僕は行かず、双子の弟(以下「弟氏」)にブースに立ってもらいました(もともと売り子は頼んでいたので予定は空けていてくれました)。
 
 
3年前、初めて会社に行けなくなったときみたいな感じでした。
あの日も一日中こんな感じで、それから僕は社会不適合者ルートへまっさかさまに転落していくわけです。
(おいおいあれからもう3年なのかよ…)
 
で、そのときに「不安神経症(パニック障害)」「抑鬱病」と診断されたんです。
 
 
我ながら厄介なものを併発したなぁと思いますね。
 
やらなきゃいけないことはわかっている。
なのに一向にやる気が起きない。
やらないことに対する焦りや罪悪感もある。
それでもやっぱり何もできない。

 
こんな感じの悪循環に陥るんです。
それで、積もり積もった不安がピークに達すると過度なパニックになってしまいます。冒頭の動画みたいに。
 
 
 
コミティア当日、作品を手にとっていただいた方はわかると思うんですが、2冊出した本のうち、短編集のほうが未完成だったんです。
入稿はしたけど脱稿はしていない状態、というか。
 
でも不完全なら不完全なりに、批判や非難も覚悟で矢面に立つのがサークル主としての責務なんでしょう。
 
ですが、僕はそこから逃げてしまったんですね。
 
 
今だから言えることではありますが、ほかにもいろいろと思うところはあったんです。
 
どうせ売れないのにとか。
コミティアは小説を引っ提げていく場所じゃないんじゃないかとか(だからイラストとかまで自分で描いたというのはある)。
わざわざイベントになんて出なくても作品を売る場所はあるだろうとか(僕は創作を通じて友達を作りたかったわけじゃない)。
当日使うお品書きやブースで流すはずの映像やその他無料で配布する予定のもの等々、そういったものが一切できあがっていなかったりとか。
 
要は、自分で決めた約束も守れないのか、自分の言葉に責任がもてないのか、ということです。
 
おおかた自分の無計画と怠慢のせいなので、誰かを責めることなんてできません。
 
 
で、どんどん余計なことまで考えてしまうんですよね。
 
悔しかったらやればいいのにと言われそうだ。ああたしかにその通りだ。どうして自分は頑張れないんだろう。なんでこんなに弱い人間なんだろう。こんなはずじゃなかった。自分にはこれっぽっちの能力しかないのか。こんなんじゃ社会に出ても何一つやっていけない。社会人をやっている友人にどんどん置いていかれてしまう。自分はこんなところで何をやっているんだろう。そのうち誰からも信用されなくなってしまう。人間としてもうダメなのかもしれない。
 
まあ普段からこんな感じのことが頭をぐるぐるしているんですが、いつもならなんとか抑えられるんです。
ただ、一度ドツボにハマってしまうともう歯止めがきかなくなりますね。
 
マイナスの感情が増幅していく一方なんです。
先ほども書きましたが、完全に悪循環です。
 
 
 
冒頭の動画に話を戻します。
 
 
あ、くれぐれも、「こんな状況の兄貴を放って出かけるなんて弟氏最低だな」とか言わないでください。
 
実際、この状態の僕には手の施しようがなかったと思いますし、僕自身、何もされなくてよかったと思っています。
 
 
こういう状態になると僕って、自分以外の人やモノが発する音にめちゃくちゃ過敏になるんです。
何も聞きたくないというか。幻聴ってわけではないんですけどね。
 
絶えず呻き声みたいなのをあげている(何を言っているのかは自分でもよくわかりません)のは、そうやってまわりの音を耳に入れないようにしているんだと思ってください。
 
 
あと、誰からも認識されたくなくなるんです。特に身内からは。
SNSなんてとても怖くて触れなくなります。1件でもいいねしようものなら、相手に自分の存在が認識されてしまう。そういったことが怖くてたまらなくなるんです。LINEの「既読」も無理です。
 
消えたくなって、ちょっとしたことでも一切の連絡を断ちます。
なのでこのままだと僕はいずれ誰からも信用されなくなるような気がしていますし、だから僕は一人で制作をしていくべきだと思っている節はあります。
 
 
途中、救急車を呼ぼうかとも思いました。
 
ですが電話なんてとても怖くてかけられない。
弟氏に話をするのでさえものすごく抵抗がある。
 
それに経験上、一晩過ぎればケロッと収まるだろうとも思っていました。
(結論から言うと、今回も翌日にはパニックは収まりました)
 
 
2~3時間暴れて、喚き疲れて1時間寝て、みたいなサイクルを繰り返していたと思います。
 
朝と昼は何も口にせず、しかし何か食べないとと思って、夜の少し落ち着いてきた頃に軽食を口に入れてみました。
ですが固形物を食べたら吐きそうになりました。
しかも食べたら食べたで元気になってしまったのか、再び暴れ出しました。
 
 
この動画は、ちょっと落ち着いたときを見計らってスマホを手にとり、ムービーの録画ボタンを押して録ったものです。
(止めたのは自分のタイミングではなく、スマホの電池残量不足か何かで録画が勝手に止まりました)
 
 
普段の僕はわりとヘラヘラしているんですよ。
だからこのような状態になることを自分でも忘れそうになるんですが、いい備忘録になるかなと思いました。
(途中で一瞬だけ顔が映っているんですが気にしないでください)
 
 
ちなみに、この日のピークはヤバさ90%くらい。
この動画に収まっているのはだいたい70~80%くらいの頃でしょうか。
 
過去最もヤバかったときはこれに過呼吸が加わりました(そのときはさすがに救急車を呼ぶ事態になりました)。
 
弟氏あるいはほかの誰かに下手に干渉されたら、本当に救急車が必要になっていたかもしれないですね。
 
 
翌日には(案の定ではありましたが)自分でも信じられないくらい落ち着いて、夜には外出もできました。
いつもよりちょっと通行人や周囲の音が気になりすぎていた感じはありましたが、外を歩くのに支障はない程度でした。
 
 
 
とりあえずここで、コミティアの尻拭い的な話を。
 
 
当日、僕の代理としてスペースに立ってくれた弟氏は、おそらく僕以上に「即売会」というイベントについて勝手がわかっていなかったでしょう(コミティアというイベントの存在自体、僕から聞いて初めて知ったと言っていました)。
悪いことをしてしまったなぁと思います。
 
弟氏によると、両隣のスペースのサークルの方々に非常に良くしていただいたのだそうで。
本当にありがとうございます。
 
「脳内航海」に来てくださった方には、ご心配とご迷惑をおかけしました。
この場を借りてお詫び申し上げます。
 
 
さて、長編小説『白と黒の雪どけに ~snowdrop portrait~ 上』につきましては、ダウンロード販売を始めました。
 
1000円で販売しています。
形式はpdfです。
 
(画像をクリックするとBOOTHの販売ページに遷移します)
snowdrop portrait_left
 
 
短編集『あまやどりの路地裏で』については、現在、頒布版で書き切れなかった部分を補完した完全版を制作中です。
仕上がり次第、『白と黒の雪どけに』同様ダウンロード販売をさせていただきます。
 
申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。
 
 
制作した小説2作については、今後の販売はwebのみとさせていただく方向で考えています。
 
ですが残部も若干数ございますので、現物をお手元に置きたい方は、お手数ですが直接僕までお問い合わせください。
 
当記事のコメント欄もしくはメール( bra.92in.cruise.0717@gmail.com )にてお願いします。
 
 
出すか出さないか非常に曖昧なままになっていた映像作品につきましては、当分の間発表を見送らせていただきます。申し訳ございません。
 
コミティアが過ぎたら過ぎたでやっておきたいことが多々出てきたのと、今急いで作るよりも、もっと練ったものをしかるべき時期に世に出すのが適切だと判断したためです。
 
いつか、何かしらの形で必ず発表はします。
詳細は追ってお知らせいたします。
 
 
このような事態となってしまったこともあり、当分は即売会への参加は控えようと思います。
少なくとも次回のコミティア(2月にあるみたいです)は参加を見送ります。
 
 
ご心配とご迷惑をおかけしたこと、改めてお詫び申し上げます。
 
 
 
さて、ここからは完全に私心というか、メモみたいな話。
 
 
「パニック障害」と「抑鬱病」って診断されたんですけど、長らく疑問をもっていたんですよ。本当にそうなのかなって(主治医の先生の診断を疑うつもりはありませんが)。
パニックも抑鬱も、調べてみると僕よりももっと酷い症状が出る病気みたいで、僕なんかのレベルでこれを名乗っていいのかなと。
 
 
で、改めて調べてみたら、自分は双極性障害(躁鬱病)なんじゃないかという気もしてきました。
 
 
「双極性障害の特徴」みたいなやつを見てみると、けっこう当てはまるんですよこれが。
 
とはいえあくまで素人の主観ですし、もちろん双極性障害の特徴すべてに当てはまっているわけではありません
 
これもあれなのかな。
心理学でいうところのバーナム効果ってやつなのかな。
 
 
ですがこの機会に、長らく行っていなかった精神科に久しぶりに行ってみようかと思います。
診断がどうあれ、ここ1年半くらい発症していなかった感じのやつを久しぶりに経験したので、行く価値はあるかなぁと。
 
それに、およそ自責と劣等感だけでここまでになるのは改めてヤバいんじゃないかな、と。
初めてこういう状態の自分を客観的に見てみたんですけど、これ本当に僕なのかなって自分でも驚くレベルですね。
 
 
 
それでは、今回はこのあたりで。
 
 

カテゴリー: ネタのタネ
タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


閲覧いただきまして、ありがとうございます。

当サイト管理人、〝小説家兼絵描き兼ラジドラ脚本家兼音声編集者のニート〟の
脳内航海士(のうないこうかいし)と申します。
生きる自信も死ぬ勇気もありませんがよろしくお願いします。


『脳内航海』は、脳内航海士の創作&ブログサイトです。
小説、イラスト、ラジオドラマなど、あまり形式にとらわれずに作っていきたいと思っています。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

【お知らせ】

作品の通販を始めました。

購入はこちらからどうぞ
BOOTH『脳内航海士の作品売場』

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

作品はこちら
脳内航海士の作品一覧


Twitterもやっています。
たいしたことは呟きませんが、よろしければフォローお願い申し上げます。
■ Twitter:@Ju1yWhite__


死にたいとは思わなかったけれど、かといって生きることに執着することもできず、
自分に対する慰めと世界に対する答え合わせとしてこのような場を作りました。
ここで綴る言葉の中に、あなたに少しでも響くものがあれば幸いです。


初めての方は、まずこちらをお読みください。
『【はじめに】航海日誌の航海図』


自分なりの創作のヒントやメイキング、作品の解説なども載せていければと考えています。
『作品について ~創作の羅針盤~』


ざっくりとした自己紹介や、『脳内航海』の由来など
『自己紹介 ~脳内航海士って何者?~』

ニートになるまでの詳しい話
『出航前夜 その1 ~僕がニートになるまでの話~』

当サイト立ち上げの経緯や野望など
『出航前夜 その2 ~ニートが月収200万円を夢見た話~』

ブログ記事カテゴリー一覧
『脳内航海士の航海日誌』カテゴリー一覧


お問い合わせは お問い合わせフォーム もしくはメールにてお願いします。
■ Mail:bra.92in.cruise.0717●gmail.com
 (お手数ですが、● を @ に変えていただきますようお願い申し上げます)


2018年3月3日、サイトおよびブログを移転しました。
お手数ですが、新URLをブックマークしていただきますようお願いします。

Web『脳内航海』
 旧URL:http://braincruise.web.fc2.com/top.html
 新URL:https://braincruise.net/

ブログ『脳内航海士の航海日誌』
 旧URL:http://cruisediary.blog.fc2.com/
 新URL:https://braincruise.net/blog


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です